横笛法要とは?

長徳寺では数年前より定例の法要に加えて「御満座横笛法要」という行事を始めました。
幽玄な雰囲気あふれる法要です、平たく言うと「お経と横笛のセッション」というところでしょうか・・・。
今年も8月15日の夜7時から本堂をロウソクのお灯りだけにして幽幻な雰囲気のなか執り行われます。
法要ではギターの弾き語りやパーカッションの演奏や福原清彦氏の笛をバックに存在とブッダたちによろこびと感謝を捧げる詩
「讃詩」などを朗読いたします。
どうぞご参加ください。

長徳寺の横笛法要 長延寺の薪横笛法要

 この法要にはなくてはならない横笛奏者の福原清彦氏をご紹介いたします。

福原清彦氏プロフィール
東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。長唄囃子福原流名取笛方。日本民俗芸能協会理事。
リサイタル「福原清彦的笛の会」を定期的に開催。NHKテレビ「独眼流正宗」にて演奏、指導。
映画「生きていた小平次」邦楽担当。
アメリカ、ブラジル、イタリア等、世界各地にて公演。
99年秋、CD「世紀末の笛その可能性」をリリース。

 

 盂蘭盆会の案内へ