拙僧はミュージシャンなのだ〜!Part2

 7/16。めでたくミキシングが終了!

このミキシングという作業はなかなか大変な作業なんでありまして、曲の内容にもよりますがこのCDの場合1曲につき平均1時間半位かかったっすね。
まあ、作業そのものは録音エンジニアのヒトが音のバランスをとったり、各楽器の音色にエフェクト(効果)をかけたりして作ってくれたものをプロデューサーの伊藤氏と拙僧が「あーして欲しい、こーして欲しい。」と言うだけなんで、殆ど「エンジニアさん頼りにしてまっせ状態」なわけです。
今回この作品を担当してくれたのはパワーハウススタジオの迫(さこ)さんとアシスタントの山下さん。
夜中何時になっても休みも取らず、ロクに食事も取らずモクモクと仕事をしてくれました。「すんげえ〜!」と思わずうなってしまう仕事ぶり・・・。
「大変な仕事っすね〜。」という拙僧のコトバに迫氏は「大変と思ったことは1度もないですね。」とこともなげに言っていました。
どうもこのヒト、ミキシングの卓(機械)をいじっている時が至福の時という根っからの音作り大好き人間。エンジニアになるために生まれてきた様なヒトのようです。
あと、アシスタントのヤマちゃんこと山下さん。この人もどうもこのミチ大好き人間みたいっすね。やはりモクモクと機械をいじったり、夕食の出前の電話をしてくれたり、お茶を運んでくれたりゴクローサンなことでした。「ん〜、オイラにゃ出来ないっす。」とココロの中でつぶやいている拙僧でした。

エンジニアの迫さん アシスタントの山下さん
スタジオのミキシングコンソール

とにもかくにも、ミキシングPart2は午前2時半に終了。前回が朝の5時半頃だったっすから、それから比べれば早い早い!!
予算の都合もあり、かなりのハードスケジュールでしたが、無事、録音とミックスを終えました。
サスガにその道のプロばかりが献身的に協力してくれたので、このハードさを考えると奇跡(?)に近い、素晴らしい出来になりました。

感謝感激雨あられ!!!!!