観照を楽しんでいると色んなことが起こります・・こんなことも間々あるようで・・
身に覚えのある人もいるかも・・ははは

観照(瞑想)というものを続けていると、「観る側」である本当の自分と「観られる側」であるマインドや身体、感情などとの「距離」を感じ始め、「観られる側」のものは自分ではないという確認ともいうべき体験が起こるってえのは「吾が師和尚と瞑想の話」「珍説悪人正機」にも書いたとおりです。

そして「観られる側」のもの(対象)を何の判断もなく(善い悪いとか好き嫌いとか等々)只々観ていると時にはそれらの全てが消えて、和尚の言う「観る者が観られる者になる」ということが起こり、正に「空」そのものである本当の自分を体験します。
これは本当に美しい体験ですが、同時にこの美しい体験が「記憶」となりマインドの一部にもなって、この得も言われぬ体験をもう一度体験したいという「欲望」が起こって、それを求めるあまりに再びそれを味わうことが困難になったりもします。
また、「私はそれを知ったんだ」というマインドが瞑想者の態度を固定させて、「わたしは知ったのだから怒りや欲望も起こらないはずだ、私は慈悲深いのだ」っていうような「決めつけ」がその人を支配し始めたりもします・・。
しかし、現実の「生」はそんな瞑想者の考えなんぞには目もくれず(笑)、どんどん勝手に起こり続けていくわけでありまして、いつしかその人は「あれ、こんなハズじゃなかったのに・・」と愕然とするってえことも間々あるようです・・。

地獄は消えたはずなのに・・って思ったりもしたりして・・ケッコウ大変なんす・・
この「消えたはずなのに」ってえ思いこみがハゲしい分、最初の時よりもさらに大変に感じたりしてね・・
「動揺」があるんで、こんどは「何の判断もしないで観照」なんていうことは忘れて、この地獄をなんとか瞑想の力で消してやろう(っははは!)なんぞと試み始めたりするってえことも・・ジツはあったりするんです。
ここまでくると所謂、アリ地獄みたいなもんすね・・まさに地獄に生きてるってえ感じすか・・。

ま、「地獄」に住み始めたからって観ている方の「本性」は何も変わらず、ただただ其処に在るっていう「事実」は変わらないんだけど・・その「本性」のスペースに”いる”ことができなくなっちゃって、「せっかくいい体験ができたのに何処に行っちゃったんだ」とか「(本性が)わかったはずだったのに、なんだろうこのテイタラクは」なんぞと言うマインドの囁きに乗っ取られて深刻に悩んじゃったりするヒトたちもケッコウいるようです・・ケッコウよくあるんすねこのパターンが・・・。

いやいや、マインド(心、思考、エゴ)ってえのはえらくシツコイんすよ・・ようやく話をつけてお引き取り願おうと玄関先まで送って、「さよなら」って言って家の中に戻ってくると、マインドさんは茶の間でくつろいで(?笑)メシかなんか食ってるんす・・。こちとらも気がつかないで一緒にメシ食って、「これうまいね(笑)」なんて話しかけたりしているんすよ、これが・・はは・・そんでそのうち気がついて「あれ、さっきさよならしたのにまだいたの?!」ってビックリしたりして・・ほんと油断も隙もないってえのはこのことなんすよね・・あははははは!
まあでもこれが所謂「自我(エゴ)」の習性ってえやつなんでカンベンしてやって下さい(笑)。
彼らマインドさん達は彼らなりの人生(?)があるわけで、彼らの自由ってえものも尊重してやんないとカワイソウでもあります(笑)。
だって、瞑想なんぞを始めてしばらく経つと、やれ「マインドが邪魔をして」とか「いくら瞑想してもマインドが消えない・・」なんて、えらく邪魔者扱いされている・・
この世で生きていくのには絶対不可欠である彼ら・・他人とコミュニケーションをとったり、お金の計算をしたり大変便利に役立ってくれているこのマインドさん達・・ねえ、そんなに邪険にするもんじゃありません・・まったく・・はは!

「体験をした」という事実が記憶になって行く・・マインドさん達の仲間入りをするんです。その瞬間にはマインドは居なかった・・
でもその体験のあと間髪を入れずに彼らはやってきて、「あれが良かったからこういう体験をした」とか理由付けをしたり、「この体験のもっとすごいヤツがきて絶対のサトリに至るんだ」とか「この美しい体験を忘れないようにしよう」とかなんとか、ありとあらゆる、所謂「有ること無いこと」ってえやつをしゃべり出す・・う〜む・・。
今この時点で(記憶の中で)「体験」と呼んでいるものはマインドさんなんでありますね・・。体験をした瞬間、それはそこにあった・・でもその後すぐにそれはマインドに取り込まれ、「記憶」になった・・そして、それについて善い悪いと感想を述べたり、説明付けをし始めたってえわけです。
まいんどさん・・ほんとうにごくろ〜さんですが、事この「本性」やら「仏性」の一瞥はあなたがたがその瞬間に居なかったからこそ起こりえたという事実を理解して欲しいもんです・・・また、この種類のことを理解するということはマインドさん達にはムリであって、手を出さない方が無難だということを是非ご理解いただきたいものと存じます・・そうです、「気づき」、「理解」は彼らマインドさん達を超えてまさにこの瞬間、「此処」にある・・

私たちの本性・・、それは常に「今此処」にあり続けている普遍のもの・・
青空のようにただそこにある・・思考の雲に覆われようと覆われまいと・・感情の雲が漂っていようといまいと一切お構いなし・・
ただただ・・在りつづけている・・生まれもせず、死にもせず・・増えもせず、減りもせず・・久遠・・永遠・・不二の実在・・
不思議といえば不思議・・普通といえば普通・・だよね・・