生命はうたう


陽が輝き 雲踊り 
風が吹くとき 雨が降るとき
通り過ぎていく風景は 
いつも「その時」起こるもの・・
いつも新しく生まれて 
ひとつの形にとどまらず・・

「生命(いのち)」はいつもそこに在る

うつくしい鳥がさえずり 風と戯れ 花と戯れ 
かぐわしき香りをはこんでも
雷(いかずち)吼えて 
黒雲あたりを覆うとも
なにものにも影響(かげ)を受けず 
なにものにも触れられない

「生命(いのち)」はうたう 
   「生命(いのち)」はうたう 
    そこに独り在って・・
「生命(いのち)」はうたう
   「生命(いのち)」はうたう
        そのうたは変わらない

慈しみやよろこびをたたえて 
       ひかりと遊びを降らしている
ただ いとおしいと 
    ただ いとおしいと 
そのひかりは ものみな すべてを照らし続ける 
             
碍げるものは何もなく 
だれもの此処を住処とし・・