Tawagoto Club Contents

君への手紙

悲しんでいるのは心
苦しんでいるのは心さ
それは君じゃない
たいしたことはない

心が闇を抱えて絶望している
心が自分自身だと勘違いしているだけのこと
それは君じゃない

賢者の一人が言ったことを覚えていないかい?
「どうということはない」‥と

過去の記憶 不安や怖れ
苦悩や葛藤が心に渦巻いている‥
時に長く‥時に短く‥

気にすることはない
右往左往することなど馬鹿馬鹿しいことさ
心と一緒に落ちてゆく必要なんかない
まあそれも大いなる勘違い‥
落ちてゆく夢を見ているに過ぎないのだけれど‥

君はここにいる
何ものにも触れられず
限りない栄光を放ちながら
純粋な静寂に溶け入っている

心が何と言おうと
頭が何を囁こうと
何も気にすることはない
事実は事実
真実は真実
どんな悪夢を見ていようが
その真実は変わらない

安心していいのさ
寛いでいいのさ
喜んでいいのさ
楽しんでいいのさ
笑っていいのさ
泣いてもいいのさ
もちろん怒ったっていい
歌っていいのさ
踊っていいのさ
ゆったりとして
その無限に解放された大いなる自由を楽しんでいいのさ

この地上を無数の愚かさが覆っている
目覚めた君は場違いな所にいると思うかもしれない
何も気にすることはない
決して真実が変わることはないのだから‥

君は自由に戯れることができる
大いなる喜びと遊ぶことができる
あるがまま そっくりそのまま‥
すでに君は「それ」そのものなのだ

「しかし」‥ 「だけど」‥
そんなこと言ったって悩み苦しみは続いている‥
どう足掻いても、どう踠いても
此処から抜け出せないでいる
そんなことは到底信じられない
‥と君は言いたいのかもしれない
でもそれは君が言っているんじゃない
そう‥心が言っているだけさ
頭の言いなりになっているだけさ
すっかりマインドに絡め取られて悪夢を見ているだけのこと

もう一人の賢者が言ったことを覚えていないかい
あるがまま‥
このままでなにも問題はない‥
だが「しかし」だけが問題なのだ
いつも心は「しかし」「だけど」と言って問題を作り続けている‥と

なにも怖れることはない
少しだけ勇気を出して眼を開けて見たらいい
あるがままを
本当の自分を
限りない光を放っているそれそのものがここにある
それがまさに君さ
創造し続ける生命の源
君は今ここに在る

関連記事一覧

PAGE TOP