Tawagoto Club Contents

ただ在る

ただ観ている
次々と浮かんでは消える雲 
思考 感情 風 音
目の前に現れている刻々と踊り続ける風景
色 形 姿
誰が観ているのだろう
何が映し出されているのだろう
観るものも 観られるものも何処へ行ったのだ
ただ在る 在るものが 在る
元から居た所だ 出たことも入ったこともない永遠の住処だ
気がつけば此処に居た
何気ない風と光がふわっと目の前を通り過ぎた

夕方になると何とも言えないもの寂しさを漂わせる広い庭だが、今日はその儚い雰囲気が心地よく感じられた。なにか壊れそうな甘い気持ちが胸の中で揺らいでいる。
日没前の陽射しが柿の木の上を照らし、濃い茜色にそれを染めている。

関連記事一覧

PAGE TOP